ハートに火をつけて
今回もしっかりヒットしてるようですね、シリーズ最新作『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』。僕はハリーに限らずSFファンタジーや冒険ものってだいたい劇場で観るようにしてるんですけど、ここ数年、実はそういう映画があまり楽しめなくなってることに気付いてました。

なんかさぁ、長くない?
最近の“大人も子供も楽しめる”大作映画って。

個人的にはそういう類の大作映画に求めるものって、わくわく期待感をあおる導入、息もつかせぬ展開、迫力満点怒濤のクライマックス、夢と希望に溢れる結末、そこに少しの切なさや大人への憧憬が込められてれば最高で、それ以外に何も望まないんだけど(ってけっこう望んでますね、すでに)、そんな物語の進め方って“テンポよく”が重要な気がするんです。

2時間越すと飽きない?
特に子供。
2時間半ぐらいいっちゃうとトイレ行きたくならない?
特に子供。

『ハリー・ポッター』シリーズ観てるといつも思うんですよね。そういうこと。あとね、毎回、絶対数分寝てるんです。集中力切れて。やっぱり、それは長いせいだと思うんです。
映画作る側としては長尺の中でテンポの緩急をつけたいんだろうけど、僕はいいですよ別にそんなのつけなくても。ずーっとハイテンポで。じゃないと緩い時間帯に我に返っちゃうんです。それで、身もふたもないこと考えちゃうんです。
例えば、ハリーって何年経っても魔法にびっくりするのはなんで?オマエすげー才能あるんだからちょっとは慣れろ!オマエだけだぞ、いつまでもライトな魔法でビビってるなんて!とかね。
でも、僕は映画の粗を探し出したり、必要以上に整合性を求めたりするのってホントは大嫌いなので、そんな暇もないぐらい始めから終わりまでずっと鷲掴みにされてたいんです、ファンタージェンに。

そんなわけで、『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』も楽しめたんだけど(好きな監督だしね)、やっぱり長さを感じてしまいました。。。
とは言え、恋心、友情、裏切り、そういう子供が成長する過程で感じる心の揺れ動きがこれまでのシリーズの中ではいちばん盛り込まれてて、青春の匂いが少しずつ漂ってきてるので、いままで『ハリー・ポッター』シリーズを子供っぽいという理由で敬遠してた人にはオススメです!
って前の3作観ないとダメなんだけどね、結局。



なんて言ってたら、「童心が薄れてってんだよ、汚れちまったんだなオマエも」とcamoに突っ込まれました。うぅ、、、やっぱ、そーなんだろーか?と寂しい気分でいたんだけど、ふふ、あったぜ、オレの心を大爆発させる映画が!

それは、『ザスーラ』。

はは。思いっきりキッズムービーです。
でもこれ、楽しいですよ。
いつもケンカばかりしてる兄弟が、謎のボードゲームをプレイしたとたん家ごと宇宙空間へ!地球へ戻るにはボードゲームでゴールしなければいけない!果たして兄弟の運命は!?
ってだけの映画。

もうね、わかった。
僕がハリーにぞっこんにならないのは(いや、それなりには好きなんですよ。原作も持ってるぐらいだから。読んでないけど)、複雑すぎるんだよ物語が。
軸がシンプルな物語だけでいいらしいです、僕には。
迷路を抜けてさらわれた赤ちゃんを取り戻せ!とか片目のウィリーの財宝を見つけ出せ!とか滅びゆく世界と姫を救え!とかさ。指輪を捨ててこい!とか。

そんなわけで『ザスーラ』はひたすらシンプルで、荒唐無稽さを突っ込む暇もないぐらいテンポよく、弟クンは滅茶苦茶可愛い、ただただ楽しいSFアドベンチャーでした。
めっちゃオススメ。

どうやらこの映画、なめられてるらしく(というか配給会社が積極的にプロモーションしてる感じがあまりない)、まったく客入ってないから劇場が混まないってとこもオススメ。



どうだっ、宇宙に放り出されたおうちだぞ!すげーだろ。落ち着かないだろ。
d0025304_1833566.jpg




『Light My Fire』 / The Doors
[PR]
by clyde_8 | 2005-12-20 17:33 | 映画/お芝居
<< おお船長! わが船長! 日曜はダメよ >>