週末はハイテク感
d0025304_12225597.jpg

FC Panasonyという僕らのフットサルチーム。
趣味でやるスポーツチームの名前には不必要な“最強のハイテク感を感じさせる”というイメージが込められてます(込めたのは当時の副キャプテン、今はただのメンバー。←運動能力の衰えとともに)。
僕個人としてはチーム名のロゴが作りやすかったというのも重要なところですけどね。
そんなわけで、FC Panasonyって名前けっこう気に入ってます。

結成から3年半になりました。

先週の土曜日、2005年の蹴り納め。
相変わらず強いんだか弱いんだかわからないチームだなぁ、攻撃的であることは確かだな。
なんてことをぼんやり考える。

ちょっとショックだったのは、久しぶりに参加した自分のキックの精度がガタ落ちしてたことと、ボールの収まらなさ具合(元々のレベルが高いかどうかは別にして。あぁ、低いよ!)。
それ以上にショックだったのは、こちらも久々参加のゴレイロ、ミカンの反応が鈍かったこと(とテツオが言ってたよ。オレも言ってたけど)。
そして、一番ショックだったのが、チームのゴッドファーザー、元副キャプテンの運動能力の衰えの加速具合。得点王を穫ったこともある彼、その面影は全くなし。空振り連発、全く走れず、おじいちゃんみたいになってました。

来年はしっかり練習しましょーねー。
[PR]
by clyde_8 | 2005-12-14 19:36 | FC東京/サッカー/フットサル
<< しくじるなよ、ルーディ 優先席から遠く離れて >>