全ての言葉はさよなら
明日の午前中にクライアントに見せるから、しょうがないんだよ。
日曜日におシゴトしてるのも。

でも、とても調子は良くって、さっきボスにチェックしてもらったら上々の評価。
ほんの少し手直しのアドバイスをもらって、あとはオッケー。

今日やってるのはレギュラーでデザイナー(このおシゴトはアシスタントデザイナーかも。。。)として参加してる冊子で、担当ページはミニマルなデザインが求められる(最も難しいタイプのデザインのひとつだ。少なくとも僕にとっては)。

これまでの号では何度も何度もやり直し指令が下り、最終的にこれは僕がやったとは言えないんじゃあないか?ってぐらいのとこまで導かれてやっと完成させる、ということが多かった。
それが前々号あたりから、“なんとなく掴む”感じがあって、手応えと比例してやり直し回数が減ってきた。
線を0.01㎜動かしたり、文字の間を息を詰めて狭める感じが心地良くなってくる。
そうやってできたものを俯瞰して見る(例えばズームアウトした画面、例えばプリントアウトしたもの)、その一瞬前に“掴む”感じがある。
たぶんこれはキテるな、という手応え。

そんなふうに集中してる。
はずなんだけど、ずっと考えてるのは結局、原さんのこと。

かなり男前サコちゃんや、中村君のことも気になるし、早く次のチームが見つかりますように、と思う。
ガンバはきっと本格的に加地クンをとりにくるだろうな。でも、東京にいてくれよな。

そんなことも気にはなるんだけど、心の中は原さんがいなくなる寂しさばかり。

ごらんよ幾つもの 噂話 この世界に広がる
思いっきり僕たちは キスを投げて
さよならする さよならする さよならをする!

2006年1月1日、コクリツで原さんにgreat big kissでさよならを!!!



『全ての言葉はさよなら』 / Flipper's Guitar
[PR]
by clyde_8 | 2005-12-04 19:36 | FC東京/サッカー/フットサル
<< しらけちまうぜ ラストダンスは俺たちに >>