年末電車ジャック
いや、物騒な話ではなく、広告で地下鉄の車両一両を埋めちゃうっておシゴトなんですが、今日それの刷り上がりの最終チェックだったんです。

代理店さんとチェック。

この代理店さんはレコード会社が母体なので社員にはもとミュージシャンも多いようで(例えばもと○○のドラムとか、、、って書けない!内緒にしてるわけじゃないだろーけどね)、いわゆる“広告代理店”とは違った雰囲気を持っていて、かなりカジュアルなおつき合いをしてくれます(とは言え、代理店の人はどこもけっこう砕けた感じの人が多いので、結局こっちがへんにバカ丁寧にするからつまんなくなってるんじゃなかろーか?というのがいまだ青二才のボクの私見)。
そんなわけで、基本的に無礼と思われがちな僕でも(無礼なわけではないんですよ!ただ態度がデカ…いや、シャイなんです)、いつも和やかな空気の中で打ち合わせ、その他ができるんですが、今日はいつもに増して超ゴキゲンでした。お互いに。

だって、刷り上がり最高なんだもの。

ほんの少し専門的なことを言うと、今回は少し表情のある紙にインク量がかなり必要なデザインを印刷していて、しかもその上に風合いを整える加工を施してます。
要するにややこしい。
そういう場合はけっこう印刷に時間がかかる。
今回も、少なくともあと1回は確認作業が必要だろうと思ってたんです。
それがこんなにスムーズにいくなんて!

そんなわけで、今日はもう仕事しなくていいんじゃないの(そんなわけにはいかないことは百も承知)、ぐらいの気分です。



ゴキゲンついでに、もうひとつ。
今日はいろんな人から褒められます。
別におシゴトでってわけではないんですが、だからこそ嬉しいってのもある。
[PR]
by clyde_8 | 2005-11-28 16:04 | お仕事
<< センチメンタルだとしても 半分達成! >>