普通に勝ったよ、吃驚だよ
d0025304_17243331.jpg

11/3、木曜日、福岡戦、アマスタ。

天皇杯、タイトルへ向けて。
珍しく、すんなり緒戦突破。

まだ暖かい時期に天皇杯ってのも新鮮で、でも雰囲気はいつも通り、ゆるーく、余裕ぶっこいてると負けそうなボンヤリ感たっぷりで。。。

天皇杯オトコ阿部ちゃんのヘッドで目を覚まして、ノリオの微妙なフリーキックで追加点。加地くん人気を再確認。走るだけでスタジアムが沸くもんね。

ナオも走るだけで沸かせる選手だったなー。(←遠い目で)


今日の写真。

試合終了後、近付く選手達にソワソワし始める少年数名。
ヘイ、ヘイ、キッズ!
コートはいらないけれど、脱ぐほど暑くはないだろーが!

撮った写メが酷かったので、トリミングや色調整しているうちに、『シティ・オブ・ゴッド』みたいな写真になっちゃいました(こっそりイイ例えで言ってみる)。


今日は来れないcamoにかわってnewの一言を。

new嬢、試合序盤での一言(苛めっ子ふう)。


「今日って、勝つまで?」

トーナメントだから延長とかあるんだよね?PKもあるんだよね?という、明らかに90分で勝てるということに疑いを持っている弱気な考えのわりに、口からでてきた言葉は理不尽なセンパイふうです。

「決着つくまで?」と言いたかったけど、勝つのはウチらだ!という東京愛のあまりにこのような発言になってしまったと思われます。とフォローしてみる。
[PR]
by clyde_8 | 2005-11-03 17:22 | FC東京/サッカー/フットサル
<< ソワレで笑って メトロポリタン・ラブ・アフェアー >>