オレ達の宮沢、オレ達の憂太
d0025304_1529919.jpg

久々の駒場、久々の宮沢、試合前のアップを終えて。

10/1、土曜日、大宮戦。

やっぱり宮沢じゃん。

宮沢から攻撃が始まる、という頃の東京にはほど遠い出来だったけど、ほとんどボールも触らず居場所を探してフラフラしてたけど、それでもあの声援の大きさは、たとえ今のチーム戦術が必要としてないとしても、スタンドが、僕達が必要としている重要な選手だということを再確認。

憂太もね。

どうよ憂太のあの危険具合。
あの猪口才な感じは対戦相手だったら嫌だぞー。
当たり負けしなくなったし(正確には当たり負けするもんか、というプレーをするようになった、かな)、倒れる時はきっちりファールを貰うし、ボールを持った時に時間を止めてしまうような余裕っぷりに磨きがかかって、いよいよケリーに替わる将軍となるか、と期待してしまった。

今こそ、ウィニングチーム・ネヴァー・チェンジだ、原さん(梶山はじっくり育てましょう)。

あ、戸田がいない。。。

そう、レッドを貰った時の戸田、チームに悪い影響を残さないようにと、潔くピッチを去った姿は格好良かった。ベンチスタッフのほうが悔しがってたのが印象的だった。

さて、残留も見えてきたし(書いてて寂しい)、、、ってけっこう強敵との対戦残ってるなー。
まいったネ。

そうそう、今回はcamoがチケット手配してくれたけど、メインスタンドのベンチの真裏でちょっと良かった。近過ぎて、逆に観にくい部分もあったけどね。

camo、グッジョブ!


ところで、僕の持ってる『グッジョブ!』はサンプルなので(ごめんなさい。。。だってだって)、内容は通常盤と同じです。
初回限定盤で聴ける『STEPPER'S DELIGHT (TRICKY REMIX)』が気になります。
どんなん?
僕のまわりにはRIP SLYMEみたいなちゃかついた感じのを好きな人が少ないもので。。。

camo嬢、今日の奇行。

試合中、ツット(現トゥット)を見て微笑。

アマツットの時代は強烈2トップだったなー。
と、過去を美化してみたり。


そして、「あれ?なんでツットがコーナー蹴るんだ?」と意外と“わかってる”コメントをしてみたり。

d0025304_16312691.jpg

[PR]
by clyde_8 | 2005-10-03 15:21 | FC東京/サッカー/フットサル
<< 漂泊は心だけ サッカーオサレバトンです >>