ほらほらルーカスが笑ったよ!
9/25、日曜日、大分戦。

土肥様踏ん張る。

でもよお、一夜明けて、よく考えるとやっぱ阿部ちゃんのゴールで勝利ってことにならんかねぇ、長田主審。
ダメ?そこをなんとか。

つくづく思ったことは、ゴールの匂いは阿部ちゃんで“何か”やってくれそうな匂いは憂太だってこと。もう少し長い時間見たいなあ、あと宮沢もね。

ま、前向きに勝ち点1ゲットで残留へ一歩前進!と思うことにしよう。(←ん?これ前向きか?うーん。。。微妙)

とにかく、赤嶺クン池上クンのためにもしっかりしよーぜ。


あれ?徳永は?
やっぱスペインか。。。。。。。。。


あ、そうそう、試合とは全く関係ないけどもさ、レイバンと言えばモニってことで、、いいのか?
まるでEXILEのようなモニの看板の写真を撮ってた婦女子の多いこと多いこと。
レイバンと言えばトム・クルーズじゃないのか?
そうか、古いか(というか、トム扮するマーヴェリックのサングラスはレイバンなのか?たぶんそうだと思うけど)。

試合の後は、MFP味スタでフットサル。
ジャンモニ。での活動です。
基礎練習してから紅白戦。
二日前のPanasonyでの疲れがやや残ってる感じ。。。
ちょっとミスが多かったかなー。。。

ところでMFP味スタについて発見がひとつ。
ここって滑ってやり辛いコートではあるけれど、スライディングしてみて気付いた(もちろん人にはしてませんよ!ルーズボールに、です。)、意外と怪我しにくいかも!
あの薄らコートを覆った埃?のようなやつのおかげだ。
人工芝でスライディングすると(もちろん人にはしてませんよ!ルーズボールに、です。←しつこい)擦りむくからさー。

今回はPanasonyから女性陣が2人参加したけれど(camoはエアロビとバレエの筋肉痛がひどいので見学)、“蹴れる度”がジャンモニ。の女性陣のほうが全然上だよー。
頑張れnewアンドはしりょ。

camo嬢、今日の奇行。

試合中、モーツァルトを聴きながら微笑。

音色が軽やかで嬉しくなったんだと。
まさにリアルのだめ。でも服装はリアルNANA。
奇人め。


と書いてるそばからcamoより入電、「いいCDを手に入れたから聴かせてやろうと思って」と電話越しに何やら大音量で聞こえてくる。でも電波悪くよくわからん。
「転調具合がわかりやすい曲だから聴かせてやろうと思って」だと。

[PR]
by clyde_8 | 2005-09-26 22:38 | FC東京/サッカー/フットサル
<< サッカーオサレバトンです “記憶”に残る選手、記録ではなく >>