実際に自分でボール蹴ると、
よりいっそうわかるんです、戸田の凄さが。
いや別に戸田だけじゃなく、全てのサッカー選手の凄さが。

一昨日と昨日は2日連続のフットサル。

土曜日はジャンモニ。で、日曜日はFC Panasonyで。

ジャンモニ。ではまだメンバーさんのスタイルを覚えていってる段階だけど、ボクがどうしても前に前に行っちゃうので落ち着いて周りのプレーが見れてない。。。
ちゃんと見ないと。。。

でも、もともとPanasonyでもゲームメイカー的なことは出来てないので、まいっか、楽しんでやれば、なんて思うのです(←開き直り)。

そうそう、ジャンモニ。代表者のとうちびさんが僕のブログを「味のあるブログ」と言ってくれました。なんか嬉しかった。自分もフットサルチームの代表者としてそんなふうにメンバーの気分アゲれる人になりたいなと思った。

のに、思ったのに日曜日にPanasonyのF川選手が連れてきた人に対して「口は悪いけど」なんてふうに紹介するもんだから、ああそうさ、ポロっと関西弁が出ることもあんのじゃボケカスいてまうどワレぇ。せやけど、おもろかったらええのんじゃ、と微妙な立ち位置に。
“キックオフじゃんけん”も“いんじゃん”でしたろか。
(↑やっぱ文章で書くとわけわからんな、関西弁って。ってそうではなくわけわからんことを書いてるから、というツッコミは自分でする)

日曜日はけっこうキツかった。前日の前後のストレッチをしっかりしなかったからってのもあるけど、足にボールがしっかり当たらない。トップスピードで走った後のシュートはほぼ全て枠外でした。
狙いすまして撃ってもバー直撃だったり。。。
精進せねば。でもどうすればいいのかわからない。。。

だったら、とにかく楽しんでやればいいと思うのです(←問題棚上げ)。

というわけで、楽しい“ぼくのフットサル・ライフ”。
[PR]
by clyde_8 | 2005-09-12 16:59 | FC東京/サッカー/フットサル
<< 起きてるべきか寝るべきか、それ... これぞ東京、というものの片鱗 >>