猿が歌う、とても美しい歌を
d0025304_210532.jpg

朝からずっと聴き続けている。

正確には、午前中に少し移動があってその時に聴いていただけなんだけれども。

それからずーっと、ずーっと鳴り続けてる、頭の中で。

このアルバムは僕らの世代(勝手に70年代産と定義してみたり)の音楽ファンにはものすごく特別で、みんな当然のように思い入れを持ってる(ような気がする)。

僕もそう。

なので思い入れたっぷりに語ってやれ、と思ったけど。。。
やめた。

聴いてると、というか頭の中で歌ってると(もちろん耳コピした英語、曲のタイトルなんかは妙にはっきりと自信満々に発音)、とにかくいろんなことを思い出すけど、なんかとても良い感じ。



『She Bangs the Drums』 / The Stone Roses
[PR]
by clyde_8 | 2005-09-09 20:16 | 音楽
<< これぞ東京、というものの片鱗 この悲しみをどうすりゃいいの >>