ナオに自信を〜Never Can Say Goodbye
ナオのこと。

海外からも評価されてるんだから自信もって落ち着いてほしい。

ここんとこ、というかもうずいぶん長いこと、
試合を観ていてがっかりさせられることの多い選手は石川直弘だ。

ナオが駒沢で東京のユニフォームで登場した時から、
ナオにボールが渡るといつだって、スタジアムは沸いた。

歓声、すぐその後にはより大きな歓声、爆発!
東京ブギウギ。

それがいつからか、歓声、すぐその後には落胆のため息、ドンマイ!次だ!!

先週の磐田戦でもそうだった。

やっぱりボールがナオに渡ると、沸く。
TVで観ていても腰が浮く。

行け!勝負だ!!

足を絡ませあっけなくボールを失うナオ、
いや、どうにか相手をかわす。
なんとかしてあげたクロスが逆サイドまで乱暴に流れる。

焦ってるのか、力が入り過ぎてるか、コンディションが悪いのか。
どういう理由にせよ、明らかにナオ本来の輝きは失われている。

こんなもんじゃないのはみんなわかってる。
だからこその歓声と落胆。

またすぐに、ナオがピッチを駆け、20番と共に風を起こしてくれる。
歓声、その後にはより大きな歓声。
僕らはスタジアムを爆発させてくれるまで声を送り続ける。



『Never Can Say Goodbye』 / The Jackson 5
[PR]
by clyde_8 | 2005-08-29 13:06 | FC東京/サッカー/フットサル
<< ユータに時間を どうにもならないこの思い! >>