Velociraptor!
d0025304_19231922.jpg

今年のライブ、二本目にして大当たりの幸先良すぎるスタート、カサビアン。
スタッフを半ば無理矢理誘い(カサビアンなぞ知らぬ人間、どころか普段ロック、いや音楽すら聴かない女デザイナーに、何のライブかろくすっぽ説明せずに)、うきうきで行ってきました。

僕とライブ行ったことのある人間なら、いつものことだと思うかもしれませんが、そのいつも以上に汗だくぐしゃぐしゃになって踊り狂いました。連れもノリノリ、楽しかった模様。

ライブ開始までローディーたちがダラダラとうろうろしててかなり時間がかかったので、これやばいかもなと不安になりましたが、全くの杞憂で、メンバー全員超笑顔でサービスたっぷりでばっちりショウアップされた素晴らしいロックライブでした。セットリストも客層も最高だった。

『L.S.F』でいろいろ全部ぶっ飛んで、やっぱり自分はロック大好きだと、「Get on and watch out!!!!!」と叫びまくってやりました。



こういう日のライブハウスの、あのひと時ってなんなんでしょうね。
最高のライブって本当に魔法の時間で、そんな時間を創り出す魔法使いたちを僕は大好きで、それだけあれば、それさえあればって、本気で思ってしまう。
最高。



そーいえば、前日に行っていた友人情報で前座がツラいと聞いていたのですが、この日の前座は[Champagne]というコたち。
全く知らん。
が、途中、いきなりの『Club Foot』のカバー。
完全アウェイのそろそろ終われよコラ、な空気が充満してる中でのこの挑戦。ガッツあるな。僕は一気に惚れました。サージもステージに現れて拍手送ってました。



『Velociraptor!』 / Kasabian
[PR]
by clyde_8 | 2012-01-19 19:48 | 音楽
<< ある光、冬の終わりに。 BOX >>