Glory & Consequence
d0025304_1842829.jpg

ボストンが舞台ではないけれど、同じマサチューセッツ州のローウェルを舞台にしているので、町の持つ空気は『ザ・タウン』と似ているものを感じるのが『ザ・ファイター』。
そして、中盤から終盤にかけては『ザ・タウン』以上に都合良く、これ以上無いというぐらいに美しく物語が展開していく『ザ・ファイター』。
だってしょうがないじゃない、実話なんだから。
地元ではいろんな意味で“有名”で“愛されて”もいたボクサー、ディッキー・エクランド。その兄の背中を追いかけたり、そこに隠れたりしながらボクサーとしてのトーレニングを地道に積む弟ミッキー・ウォード。過去の栄光にすがりドラッグに溺れながらも、ボクシングと弟への愛情を燃やし続ける兄と、その愛を力に自らの道を切り開いて世界ランカーにまでのぼりつめる弟の物語。
『ロッキー』のように馬鹿みたいな展開ではないけれど、同じぐらい熱い映画です。
スポーツ前のストレッチしながら観ると良いと思う。

あと、クリスチャン・ベール!
この人は出てる映画で好きな作品もたくさんあるけれど、正直なところ演技がスゴいとか思ったことはあまり無くて(だいたいメソッドアクターってあんまり好きくない)、でもやっぱりスゴいんだろーなぁということはそのカメレオンぶりで何となくはわかっていましたが、やっぱりスゴいねと痛感。



『Glory & Consequence』 / Ben Harper
[PR]
by clyde_8 | 2011-06-09 19:18 | 映画/お芝居
<< なんだったんだ?一週間。 For Boston >>