今年もYou'll Never Walk Alone
d0025304_22494564.jpg

写真は元旦入籍を果たしたシオニューライダーからの年賀状。
彼女は一見そうでもないように見えたりもするのに、実は非常に東京愛が強く(もちろんFC東京愛)、一緒にいると思わぬところでそれに気づかされてはっとする不思議な人。今年の年賀状のデザインは新年の言葉や干支にちなんだイラストなどいっさいなく、それどころか“2011年”という表記すらなく、真っ白い紙に金のインクで刷られた『You'll Never Walk Alone』の歌詞のみ。なんと男前なデザインだろうか。これをFC東京どころかJリーグすらまったく興味のない人にも送りつけているのだと思うと、、、新年早々笑わせてもらいました。



さて、FC東京、チーム始動しました。
これでいよいよ陣容もほぼ確定、もうあんまり大きな移籍もないだろうから、まずはチームの本気を見た気がします。
所属選手を見てみるとYou'll Never Walk Aloneどころではない、強烈な選手たち。平山相太、ペドロ・ジュニオール、米本拓司、梶山陽平、中村北斗、石川直宏、大竹洋平、羽生直剛、徳永悠平、森重真人、今野泰幸、塩田仁史、権田修一、ひいき目に見なくてもJ1でやるべき選手たち。
なんか凄いね、これは。このメンバーで負けたらいろいろと言われるから、負けなし優勝でJ1復帰しないとね。

それでも様々な事情でつまずくこともあるかもしれない、重圧が選手たちの足並みを乱すかもしれない、すべてのチームに警戒され歯車が狂うかもしれない、平山のシュートがポストやバーに当たり続け、森重がレッドを貰い続けるかもしれない。
そんな時こそ歌うのだ、You'll Never Walk Aloneと。今年も俺たちがいると。

“ファンは選手たちに、自分たちが唯一持つ極めて肯定的なもの、つまり『一体感』を与えなければならない。”
『狂熱のシーズン ヴェローナFCを追いかけて』ティム・パークス より



J2でやるというのは、つくづく嫌な気分だけれども、楽しみになってきた。
個人的には、谷澤達也の加入に興奮。ずっと東京に来てほしいなと思っていた選手のひとりだし、めちゃくちゃ嬉しい。
まずは開幕、3月5日、鳥栖を撃破だ。

ところで、、、鳥栖って誰がいるのだ?どんなチームだ?



『You'll Never Walk Alone』 / Gerry & the Pacemakers
[PR]
by clyde_8 | 2011-01-24 21:43 | FC東京/サッカー/フットサル
<< ベイビー・ユーアー・ア・リッチ・マン Banana Splits >>