The Light
憎しみが風船のように膨らんでいる
憎しみの連鎖をほどかなければいけない

争いを好む者もいる
争いを好まない者もいる

君がどちらでもかまわない
けれど すべての「熱狂」には気をつけて

気をつけて

爆発の夜
僕は歌を書いた

売り物用ではない歌を
僕と僕の友人のための歌を

——————佐野元春


9.11の2年前、世界貿易センタービルの屋上に上がったことがある。
僕のカメラをのぞかしてくれと言った写真好きのアメリカ人のカップル。
彼は自分がのぞく前にまず彼女にのぞかせていた。とても優しい雰囲気の2人。
ペニーに記念の刻印をした。列に並んでいるのは僕を除くと子供ばかり。
ちょっともたついてる僕の様子を伺う少年。早くしろよ−、と。

d0025304_201132.jpg
d0025304_20111791.jpg

またいつか来よう、と思った。
そのビルが壊れて行くのを映像で見ながら、僕は何を考えたんだっけ?
手足の力が抜けて、頭が痺れたようになって、気分が悪かったのは憶えてる。

あの日のことを忘れないようにと(かどうかは知らないけれど)、ハリウッドが動きだす。
これまでにも9.11を題材にした映画はあったけど、ハリウッドはオリバー・ストーンでいくようです。
不安もあるけど、社会派監督の名に恥じない作品を撮ってちょうだいね。
[PR]
by clyde_8 | 2005-07-12 12:47 | 映画/お芝居
<< ぼくのJリーグ・ライフ 戦場のボーイズ・ライフ >>