Sweet Disposition
d0025304_2201635.jpg

外で聴くのが大好きな一枚。
一時期ラジオでやたらにかかっていたらしくて、それに加えて『(500)日のサマー』でも『Sweet Disposition』が印象的に使われていたので、耳にしたことがある人は多いかもしれません。
オーストラリアの4人組、The Temper Trapのデビューアルバム『Conditions』。
このバンド、世界中で爆発的に人気急上昇しているらしいですが(ホントかなぁ)、曲の醸す空気が最高に気持ち良いのでそれも納得(だからホントなんだろうなぁ)。

ほとんどの曲が静謐な世界を掘り起こすようなイントロに導かれ、どこか愁いを帯びて透明感のあるボーカルにキラキラした音像が幾重にも折り重なり、大きなうねりがやがて爆発してすべてを輝かせる。それは大げさに言うと、カタルシス。
銀杏並木の下で自転車を駆って、たくさんのランナーに抜かされたり抜かしたりのジョギングで、砂にまみれてだらだら過ごす七里ケ浜で、より一層の彩りと光りを与えてくれる一枚。

とにかく“お外で”がおすすめ。



『Sweet Disposition』 / The Temper Trap
[PR]
by clyde_8 | 2010-12-08 22:18 | 音楽
<< You'll Neve... ぼくらの七日間戦争 >>