涙をふいて
d0025304_1324511.jpg
d0025304_13235575.jpg
d0025304_13233968.jpg

11/20、土曜日、Jリーグ第31節、川崎戦、アマスタ。

なんかちょっと変に激しいプレーが頻出だった気がするクラシコ。
残留への重圧からではなく、クラシコが本当に重いものになってきた証としての“固さ”だったと思いたい。
試合後のフットサルでは、うちのチームのキャプテンもTVで見ていたらしく、イマイチぱっとしない印象を持ったというようなことを言ってました。
ま、下見て勝ち点勘定してもしょうがないし、名古屋、山形にきっちり勝って、最終節は京都に勝てばいいんだろ?という余裕の状態で臨めるようにしたい。(←結局3連勝という若干高いハードル。。。)

とにかく、
泣くな森重。
誰も誰かひとりの選手のせいで負けたなんて思っていないし、一度は同点に追いついた君のゴールでスタンドもピッチも勢いづいたし、希望の光をはっきりと見た。
だから泣くな。
泣くなら12月4日に、歓びの涙をみんなで。



『涙をふいて』 / Nona Reeves
[PR]
by clyde_8 | 2010-11-22 13:45 | FC東京/サッカー/フットサル
<< やっぱり肉を喰おう Tシャツ・サンタン >>