Time For Some Action
d0025304_1638748.jpg

10/23、土曜日、Jリーグ第27節、新潟戦、アマスタ。

涙(心の)で滲む味の素スタジアムの宵闇。

1点とれば変わる、1勝すれば抜け出せる、まずは1点、まずは1勝。なんて言って、1点もとったし1勝もしたのに、まったく浮上できない我ら。この日は負けなかったけれど、ラストプレーのPK阻止で勝ち点1をもぎ取ったと捉えるか、惜しいシュートが何本もあったし、相手の倍以上のシュート数からしても勝ち点2を失ったと捉えるのかは難しいところ。まあ、実際には先制されて追いついて、ロスタイムのPKを凌いで、という流れからするともぎ取った感が強いんだろうけれど。それでも心は、勝ち点2を失ったと思いたがる。

おい!権田、敗戦につながるミスをした次の週にPK止めたからってヒーローってわけじゃないんだよ、チャラだよお前。おい!森重、攻撃力を買われてるところもあるんだからさあ、しっかり決めてみせろよ、2度の退場でチームのマイナスになってるんだから。おい!ナオ、いつも爽やかなんだから、どフリーのシュートは爽やかに決めてくれよ、頼むから。おい!平山、、、、えーっと、、、おい!平山、何の呪いだよ、お前。という具合にハードコアにシビアなサポーターっぽく怒鳴り散らせたら、それはそれでいいんだろうけどなぁ、共に闘う感じがある意味出せて。
実際には、ただただショックで、超無言。

先週の引き分けはもの凄く応えました。

それでも、試合はやってくる。
明日こそは。



そろそろまじで、連勝とか、圧勝とか、ハットトリックとか、そういうのバンバンやらないとダメだよ。そうじゃないと城福さんも浮かばれないぞ(って、別に死んでないけれど)。



明日の清水戦が気になって、ごはんも喉通らないので、今夜はスズナリに芝居観に行って気を紛らせてきます。フキコシ大ファンのmummyがチケット余らせたらしく、おぉ!もちろん行く行くって、渡りに船とばかりに。



『Time For Some Action』 / N*E*R*D
[PR]
by clyde_8 | 2010-10-29 16:42 | FC東京/サッカー/フットサル
<< 7 なんて悲しい俺たち >>