Diferente
d0025304_10364279.jpg

水曜日、気がつくと水曜日はほぼ映画館にいる(ような気がする)。
そしていつも、なんで平日なのにこんなに混んでるんだ!あぁ、レディース・デイか!しょうもないデイつくりやがって!ジェントルメン・デイはいつやねん!と連れにくってかかる。
映画館なので、連れは女性であることが多く(なんで男同士で映画って、あんまり行かないんでしょうね)、ほとんどの場合は迷惑がられて無視される。まあ、それも含めて“映画に行く”というイベントを楽しんでいるので、別にいいんだけれども。

というわけで、昨日は水曜日。最低限の仕事終わらせ上映スケジュール見てみると、『悪人』に間に合う時間、座席も少し空いてる。そうだ、『悪人』行こう。
チケットカウンターの前に立って愕然、完売です。おい!レディース・デイっ!
じゃあしょうがない、『ナイト&デイ』にするか。という非常に消極的な理由で『ナイト&デイ』を観てきました。

なんて言ってるけれども、実は自分は隠れトムファンで(別に隠れてないんだけど、いつも意外がられるから)、キャメロン大好き人間だし、『ナイト&デイ』の本国版のポスター、思い切りヒッチコックを意識したデザインで、とっても楽しみにしていた一本です。

前評判はものすごく悪い『ナイト&デイ』、どういう理由で評判悪いのか知りませんが、面白かった。こういう映画を観て、どこをどう貶せばいいのだろうか??
だってねぇ、何にも憶えてないんだもの、一夜明けて。いや、帰り道ですでに。

映画観てる間は、「おぉッ!」とか「えぇッ!」とか「わぁッ!」とかなって、気づいたらポップコーン無くなっていて、喉が渇くのはポップコーンの塩気のせいだけじゃなくて、エンドロールではほんのり放心状態で、劇場が明るくなったらゆっくり身支度して帰る。
映画、特にハリウッド映画の本来の姿のひとつってやつです。
回を重ねる毎にデートムービー化していっている『ミッション:インポッシブル』シリーズなんかそれの筆頭です。
だから、内容まったく憶えてないけれど『ナイト&デイ』は劇場で観るのがおすすめ。レディース・デイに観るのがおすすめ。
だいたいね、『ナイト&デイ』を家のテレビでDVDで観てもなんにも面白くないだろーし。
こないだ『カイジ』がテレビ放映されてて、数分観てみたけれど、やっぱり微妙だったです。ちなみに『カイジ』もレディース・デイに観ました。

と、まったく内容に触れてないので、勘のいいみなさんの中には『ナイト&デイ』、スパイアクションアドベンチャー映画であるところの『ナイト&デイ』、監督は『アイデンティティー』のジェームズ・マンゴールドだし、実は『アイデンティティー』級の大どんでん返しがあるんじゃないのぉ?と想像する人もいるかもしれませんが、そんなものはないです。なかったです、たぶん。
それでも、全然憶えてないけど面白かったぞーだけでは、わたくしの、あまりに底が知れるというか、薄っぺらいなぁこの人はと思われそうで、それはそれでちょっと嫌なので、少し思い返すと、ゴタン・プロジェクトが印象的に流れていて、ダリル・ホール&ジョン・オーツなんかも派手にかかっていて、キャメロンのビキニ姿がソー・キュートでした。(←結局薄っぺらい)



『Diferente』 / Gotan Project
[PR]
by clyde_8 | 2010-10-21 10:38 | 映画/お芝居
<< シーナはパンクロッカー 鵠沼サーフ >>