夜空の誓い
d0025304_1925449.jpg

ベストアルバムってどうも好きになれない。ベストなんだから、良い曲ばかりには違いないんだろうけれど、なんかなぁ。。。

一方でカバーアルバムって大好きです。良い曲ばかりって点ではベストアルバムに負けてないし、選曲やアレンジでアーティストのルーツやセンスを知ることができたりもする。
それから、自分の知らない名曲に好きなアーティストの歌声で出会うことができる。これっていろんな音楽を知るきっかけとしては、なんとなくロマンチックな気がする。大好きな女の子や憧れの先輩から、知らないアーティストのCDを借りるような、そんな感覚に近いといえば近い。

そして、カバーが原曲を軽く飛び越えちゃうあの瞬間もカバーアルバムを聴く楽しみのひとつ。

UAのカバーアルバム『KABA』にもそんな瞬間が。
HISの『夜空の誓い』のカバー。このデュエット曲を坂本冬美のパートはUAが唄い、忌野清志郎のパートは甲本ヒロトが唄う。そしてオリジナルメンバーの細野晴臣がベース!“ヒロトくんのあまりの声量の大きさに驚いてしまった”とUA談。
もともとそこはかとない切なさが漂う曲だけど、UAとヒロトの夜空の誓いはもう切なくて切なくてどことなく哀しくて。キヨシローの弔辞を読んだヒロトが唄ってるんだなぁなんて考えちゃって、油断してると泣いちゃいます。
間違いなくアルバムのハイライトのひとつ。

ジャケットデザインはあまり好みじゃないけれど、このアルバムは選曲がシブ過ぎて(関西で言うところの“シブい”。これは格好良いとかセンス良いとかいろいろ兼ね備えた褒め言葉。ハンチングにトレンチの襟たてて缶珈琲で頬をあたためる、そういう“シブい”とは違います)、大名盤です。

アレサ・フランクリンやフィオナ・アップルのようなUAにぴったりのアーティストや、薬師丸ひろ子からレディオヘッドまでかなりの幅広さ。
なかでもぐっとくるのは、自分と同世代なら絶対好きな(と言い切ってみる)レッチリの『アンダー・ザ・ブリッジ』。夏っぽいアレンジで涼しげに唄いあげる『アンダー・ザ・ブリッジ』をラムネ飲みながら床に寝そべって聴く。そんな楽しみ方のできる素敵な一枚。
家にラムネなかったので自分はラムネ菓子食べながら聴いてます。



『夜空の誓い』 / UA With 甲本ヒロト
[PR]
by clyde_8 | 2010-07-13 19:27 | 音楽
<< 大きな玉ねぎの下で 〜あの頃の... そこへゆけ >>