Substitute
d0025304_11334726.jpg

先週、だったかな、遊びでフットサルやっている自分にとっては、なかなか得難い貴重な経験をしました。

川口信男と加賀見健介率いる(って、この二人が率いているのかどうかは知らんけど、、)、その名もずばり“FC東京”というチームと試合をしました!
すご。
しかも真剣勝負。

フォトグラファー圭介さんからのお誘いで、MFP調布主催(なのかな?)のリーグ戦に参加しているチームにお邪魔したんです。
“相手がFC東京なんだったら、そりゃあ西島だろう。あれを誘わないで誰誘う?”というステキな心遣いに完全に甘え、戦力になるはずもないことは承知で思い出づくりに行ってきました。(←そんなんでいいのか?)

雨が降ったり止んだりのコートに着くと、すでに一試合目を他のチームと戦っている見慣れたアディダスのチームウェア。あ、あれがFC東京だ。全員びしっと揃ったウェアというのはそれだけで妙に強そうなものですが、なんかでかいぞみんな、速いぞみんな、うまいぞみんな。あ!ノブさんがいる!加賀見がいる!とそれとなくファン目線。うわあ、この人たちとやるのかぁ。。。試合終了、8-1で勝ってるし。。。めちゃくちゃ強いな。

とってもふわふわした状態で30分ぐらいアップする。真剣な表情でミーティングしているFC東京が気になる。他の参加チームの試合も気になる。気もそぞろ。はは、気もそぞろって久々。
自分たちも戦術確認。基本は守備から、カウンター狙いで、ドリブル勝負は避け、繋げないときは無理せずセイフティに、というような感じ。ま、簡単にいうと“守るぞ!”。圭介さんとは8-1はヤだね、5点以内に抑えたいね(もちろん失点を)なんていう、若干本気の変な目標を掲げる。

でも、真剣勝負の空気ってすごい。
コートに入る頃には、メンバー全員、勝つぞってイメージを持って本気の眼差し。
ベンチスタートの自分も、後半に備えて相手の攻め方を研究。そしてノブさんに熱視線。(←どうしても残ってしまうファン心理。。)
後半からピッチへ。加賀見をマーク。でかい、速い、うまい、かたい。あれ?でもなんかチームで守れてる感じがする。焦れたのか、余裕からなのか、ゴレイロをフィールドプレーヤーに変えてパワープレーで攻め込んでくるFC東京。耐えて耐えて、跳ね返してカウンター。
うわあ、加賀見がボールをとりに来てるよー。ノブさんが突っ込んでくるよー。おお、挟まれた♡。(←どうしても残ってしまうファン心理。。)

楽しい。
悟空の気持ちがよくわかった。

試合終了。

勝っちゃった。
4-1で完勝。

ギャラリーからもナイスゲームの声。
めちゃくちゃ楽しかったなあ。

ノブさん&加賀見と写真でも撮れたらいいななんて気持ちは、どっか隅っこに転がって雨にぬれて流されて消えちゃってました。それに嫌だろうしね、記念撮影なんて。勝ったのはウチらだから。あは。(←急に沸き上がる上から目線。。)

素晴らしい夜を過ごせたこと、圭介さんに大感謝です。

ボール蹴ってると楽しい出会いがあるもんだと、尋常じゃない筋肉痛をお土産に雨の飛田給を後にして、シャワーでも流れない興奮を抱えて死んだように眠りました。



『Substitute』 / The Who
[PR]
by clyde_8 | 2010-04-28 10:59 | FC東京/サッカー/フットサル
<< 教えをください Oops! Here I Go... >>