結局読みふけるのだけれども
先週の金曜からオフィスが寒くて埃っぽい。。。
フロアのレイアウト変更(大規模な模様替え)のため荷造り、掃除、荷解き、掃除!バタバタと人が動き回るってことで、エアコンの設定温度が低い。
「寒いわ、あほー」と止めても、すぐまた誰かがつける。

ボクはといえば、ちょうど毎月レギュラーの雑誌広告の入稿日が金曜だったので、最終修正とか、データチェックとか、、、要するにまわりがガコンガコン段ボール箱にもの詰めてる中、自分はデスクワークしながらの荷造りだから、身体があったまらない!

寒かったゼ。

いまはデスクまわりも落ち着いて、溜まりに溜まった資料の山を整理中。
本買い過ぎ。
今日は夜から五反田でフットサルなので昼間はのんびり自分の荷物と戯れます。
(仕事しろよ!ってma34さんの顔が浮かびます。違うんです今日は緩いんです)

自分のデスクをあらためて眺めてみて、お宝発見(自分基準)。


d0025304_13345775.jpg
カレンダー、今年はこれ愛用。
サルユニでお世話になってる
『スポーツショップ日本人』
のノベルティじゃ。
意匠の潔さがシブい卓上カレンダー。




d0025304_13421925.jpg
I—I∧I_が描いてくれた似顔絵。
他にも何点かでてきた。
どれも似てる。





まだまだいろいろでてきそうです。


あ、そうそう、今回のオフィス模様替えで、
“ハイ・パーティション”(背の高い間仕切り)なるものが導入されたんですが、フロアのみなさんの間では“パーテーション”や“パーテション”という認識。
作業しながらの僕の耳には、“ハイ・パーテーション”や“ハイ・パーテション”というみなさんの発言が、すべて“ハイパー・テンション”と聞こえてました。
モニターとにらめっこな僕の耳に聞こえてくる、不思議なやりとり。

“ハイパー・テンション”がここにくるからァ」
“ハイパー・テンション”は把握しといて」
“ハイパー・テンション”もっと欲しいよな」

「ハイパー」
外来語の上に付いて複合語をつくり、度を越した、極度の、などの意を表す。
普通「スーパー」よりも高い程度を意味する。
大辞林より

そう、
僕は入稿が終わったらまずは“ハイパー・テンション”って何?って誰かにきこうと、
本気で気になって小一時間ばかり仕事が手につきませんでした。
いろいろと想像したんです。
“ハイパー・テンション”について。

す、凄そう。
[PR]
by clyde_8 | 2005-06-27 12:46 | お仕事
<< 自信 ラインを越えて。 >>