聖者が街にやってくる
d0025304_172610.jpg

少し切ない2月の日曜日、クリミナルマインド観たり、昼寝したり、お仕事したり、そんなのんびりした時間にちょっと違和感。刹那の興奮でいいから何かないのかと、なんとなく嫌気がさしてたところ、友の救い。
恵比寿でラフィン・ノーズのライブがあるからおいでと、プルトニウムさんからの電話。一度見てみたかったTHA BLUE HERBとプルトニウムさんおすすめのタートルアイランドも出演するということで、急いで支度してリキッドルームへ。

THA BLUE HERBには間に合わず(残念)、タートルアイランド出演の少し前に到着。今年初ライブはイキってBODY & SOULでジャズでしたが、やっぱりロックのライブハウスって、ええね。
汗と煙草の臭い、靴跡のついたしわくちゃのフライヤー、自分の顔なんて相当カワイイほうだと気づかせてくれるいかついニイちゃん、明日からの仮の姿が想像もつかないケバいネエちゃん、雑な味のジントニック、ライダース、キーチェーン、ロールアップジーンズ。
思いっきり浸る。

プルトニウムさんと合流して間もなく、タートルアイランドスタート。イントロと共に一気に盛り上がる会場。タートルアイランド初体験で、なにこれ!すごい。すごい。会場後ろから眺めるつもりが、あっちゅう間に最前列で暴れる集団のすぐ後ろへ。なんかものすごいパワーとまっすぐなメッセージにぐいぐい引き寄せられたって感じ。ステージ上に10人以上という大所帯のパンクバンド(と言わせてもらいます)に吸い寄せられた俺、東京虫BUGS。その真っ青なメッセージは、信じるなと言われている30代も半ばにきた僕にも強烈に突き刺さり、眼球に鼓膜に心臓に脚に腰に腕に、ぐさぐさぐさ。格好良くて楽しくて痺れるタートルアイランド、後半はほとんど泣いてしまいそうになってました。涙こぼれかけ、毛が抜けちゃうんじゃないかというぐらいの鳥肌。
最高。

トリはもちろんラフィン・ノーズ。一曲目から全開。袖に見えるTHA BLUE HERBやタートルアイランドの面々、スタッフの皆さん、撮影してるフォトグラファーまで、ぎらぎらの笑顔のりのりの身体。ほぼすべてを忘れて頭と身体がラフィン・ノーズ。何曲か過ぎて、さっきまではいなかった隣で思いっきりラフィンを楽しんでいる人。横顔ですぐわかる、タートルアイランドのヴォーカルの人。気持ちよさそうに歌い、そこにきっと存在するギターをかき鳴らし、踊ってる。すごくいい感じ。そして、アンコール一曲目、歌う彼の目には溢れる涙が。これぼれる涙を手で拭い、なおも湧き出る涙。思わず見とれてしまいました。僕はそんなあなたの音楽で泣きそうになったんだよと。僕もこらえずに泣いときゃよかった、ごめんなさい。

エンディングにはもちろん聖者が街にやってきて、会場は完全にひとつに。

音楽に救われた夜でした。



『聖者が街にやってくる』 / LAUGHIN' NOSE
[PR]
by clyde_8 | 2010-02-11 15:39 | 音楽
<< スタート・ミー・アップ/201... 赤い目のクラウン >>