日曜日の印象
d0025304_1824055.jpg

8/23、日曜日、Jリーグ第23節、鹿島戦、県立カシマサッカースタジアム。

朝起きて、完全に遠足気分。

ちょっとした仕事を済ませて、シャワー浴びて、持っていく本を選ぶ。何度目かの再読中『羊を巡る冒険』とモーリー・ロバートソンの自叙伝『よく ひとりぼっち だった』と道尾秀介のミステリ『向日葵の咲かない夏』。昼前には出発、ナイロンの新作のチケットの手配など所用済ませつつ、渋谷Food Showでお弁当などなど購入。

鹿島へ向かう車中、昼食後の昼寝中の家人の隣で、じっくり読書。三冊回し読み。多くの春樹ファンと同じように村上春樹の世界は常に自分のそばにあって、いつも心地のいい空気で包んでくれる。羊、不思議だ。まだ新作は読んでないけれど。。。モーリーの自叙伝は古本で最近購入。自分とは違う人生を歩んできた人の物語は本当に面白いし、刺激的で示唆に富んでいて何かしら活力にもなる。道尾秀介という作家は初めて読むんだけれど、被害者が蜘蛛に生まれ変わって喋ったりして、変なミステリだ。道中、ほとんどを『向日葵の咲かない夏』を読んで過ごす。

鹿島に着いてからは、スタジアムの周辺をのんびり散歩。親子でボールを蹴る午後、その向こうでは友達、仲間とボールを蹴る午後、そのまた向こうに見えるスタジアムでは日が暮れるとJリーグ。

スタジアムに入ると、あちこちで昼寝したり酒盛りしたりピクニックしたり、笑顔だらけ。鍋を仕込む匂いや串焼きの煙に誘われて、人混みを楽しみながら歩いているとかき氷。コーラシロップのかき氷。もつ煮込みや串焼き、昼間のお弁当の残りもたいらげて、満腹。
夕日を背に、2万5千人ぶんの期待を包み込み宇宙船のように光り輝くスタジアム。落ち着きのない笑顔で席に着く僕ら。そして『You'll Never Walk Alone』。
最高の日曜日。



その後の記憶は、あまり無い。

d0025304_18364498.jpg

『日曜日の印象』 / Pizzicato Five
[PR]
by clyde_8 | 2009-08-24 18:02 | FC東京/サッカー/フットサル
<< Waiting on a Fr... 2009.8.22 『あの娘に何を』 >>