Soul Surfing
d0025304_17474422.jpg

夕方まで、とことんのんびり過ごした土曜日。

『裏切りのサーカス』観に夜の新宿へ。ゆっくり身支度してたら微妙に間に合わなそうで、ならばと行き先変更『MIB3』と思ったら満席。。。で、第三候補の『ソウル・サーファー』へ。こちらも予告編始まってる時間だったから、チケット班とポップコーン班に分かれて(←大げさ)、劇場へ滑り込み。

サメに襲われ左腕を失っても、不屈の精神でプロサーファーになったベサニー・ハミルトンの伝記映画。
全編通して嫌な人間のいっさい出てこない、どこまでも真っ直ぐな娯楽作品でした。この映画に文句つけられる人は終わってます。ま、僕は基本的にはどんな映画も楽しいんですけどね。



もともとこの日は、鎌倉行くかぁ?なんて話してたこともあって、スクリーンでハワイの海を見ることができてめちゃくちゃ和む。しかもスポーツする女性が大好きな自分は、サーフコンテストのシーンだけでも延々と見てられるから大満足。特に、ライバルのマリーナがソーキュート。
そんな細かいことも楽しめて、潔くまっすぐ前向きな映画だからすっきり爽快でした。
あ、一瞬だけ、ベサニーがサメに襲われるシーンは、わかってはいてもショッキングで、大してショック描写があるわけではないけれど、他のシーンが比較的のどかなせいで、そのコントラストがけっこう衝撃です。ガラにもなく心臓がバクバクしてしまいました。。。



最後のほうで、この映画の主題のひとつを、サーフィンを人生に準えたベサニーのモノローグがストレートにメッセージしていたけれど、これにはサーフィンやらない自分も思い切り納得。



いま自分が乗ってる波を楽しんで、終わりがきたらまた新しい波に乗ってやろう。

もし、波に乗れなくても、波から落っこちても、焦らずに諦めずに自分を信じて、もう一度パドリング。
必ずビッグウェーブはくる。
そう、それも何度でも。



写真は、愛用の一品。
いつだって海を、七里ケ浜を思い出させてくれる、ガラスアーティスト・ヨーナスさんの作品。



『Soul Surfing』 / Fatboy Slim
[PR]
# by clyde_8 | 2012-06-12 17:40 | 映画/お芝居
Secret Garden
d0025304_19363367.jpg

ナイロン100℃前回公演『ノーアート・ノーライフ』には、お仕事のご縁でお邪魔したり(といってもちゃんと自腹です)、そのせいか同じ回の客席にマイヒーロー・甲本ヒロトがいて、トイレでも連れション状態になったりと(もちろん勝手にですが。。。)、再演ということもあって、恋する少女のようにそわそわと気もそぞろだったので、なんとなく久しぶりにナイロンをしっかり観た気がする38th session『百年の秘密』。



庭に立つ、すべてを知っている楡の木と、その館の住人とそのまわりの人物を、二人の女性を軸に数世代に渡って描くクロニクル。



舞台設定は外国、登場人物も外国人なので、いわゆる“赤毛もの”の風情ではあるけれど、丹念に描き込まれ、緻密に、時にダイナミックに演出され演じられた日常のスケッチの積み重ねは、何気ないゆがみ、ひずみ、少しずつ決定的に狂っていくいくつもの人生を表出させ、「さすが。。。面白い」と唸るしかない数時間。

ケラさん自身は、今回のお話について、「今回のお話と構造としては似ている『わが闇』はある意味ハートウォーミングな形で終わったが、〜〜〜“ハッピーエンドではない最後”というものを考える〜〜〜アンハッピーなラストだけでその人の人生を判断していいのか」というようなことを言っていて、自分はなるほどなぁと思いつつも、『わが闇』を観た時は非常に重く捉えたのだけれど、今回の『百年の秘密』を観終わった時に感じたことは、救いが“しっかりと”ある良いお話だったなぁと、どちらかというと温かく軽やかな気持ちになっていました。

不思議なもんですね。

精神状態や誰と観るかによって捉え方にかなりの幅があるのがナイロン100℃の大きな魅力のひとつです。それが、演出家の意図するところとずれていても、それはそれで面白い。
けっこう丁寧に収録されたDVDを公演ごとにリリースしているので、興味のある方は過去公演もぜひ。



こだわりのパンフがナイロン100℃のもうひとつの大きな魅力なので、やっぱり劇場に足を運ぶのがおすすめですけども。



『Secret Garden』 / Madonna
[PR]
# by clyde_8 | 2012-06-04 19:47 | 映画/お芝居
Horror Epics
d0025304_2116876.jpg
d0025304_21151424.jpg

私的2010年トップ5のうちの一本にルーベン・フライシャー監督のデビュー作、『ゾンビランド』というオーバー30のための最高の青春ゾンビ映画があったんですが、昔から映画の世界では、ゾンビものやホラー映画を監督してデビューする素晴らしい才能ってのがたくさんいて、ジェームズ・キャメロンやサム・ライミなんか代表的なところだし、なんか気になるんですよね、ホラー映画。

そんなわけで、ついつい観に行ってしまったゾンビもの、『ゾンビ・ヘッズ 死にぞこないの青い春』。ビアス兄弟のデビュ作ー。実は、「死霊のはらわた」のSFX アーティストが父親という、ゾンビ映画界のエリート。
『ゾンビランド』と同じく面白いらしいというcamoからの情報と、俺たちのシアターNでかかるということは、あまり間違うことはないだろうと最終日に滑り込み。
この作品、『ゾンビランド』よりももっとばっちり青春ゾンビ映画でした。ゾンビのほうが主人公で、人間が悪者(でもないか?)だから。
半分ゾンビ、半分人間の主人公(お約束のオタク系)が、別れてしまった恋人に渡しそこねて
いた婚約指輪を渡すために、半分ゾンビ、半分人間ということで意気投合したバディとともに旅に出る、というこの時点でもう笑えるお話。『バック・トゥ・ザ・フューチャー』をはじめとする“わかってる”コネタやブラックジョークがちりばめられていて、しっかり笑える良作でした。。。と思っていたら、、涙が。。何この映画、、感動する。かなり真っ当な青春ロードムービーで、やたら爽やかな気持ちになる良い映画でした。
Tシャツ売り切れていたのが残念。



それからもう一本。古くは『食人族』、『ブレア・ウィッチ〜』から、『パラノーマル〜』、『フォース・カインド』まで、モキュメンタリーがけっこう好物(『REC/レック』のような傑作にも出会えるし)なので、予告がコワ過ぎるというありふれた餌にわりと簡単に食い付き、ホラー映画はわりとニガテなマリエッタにつきあってもらい『グレイヴ・エンカウンターズ』を観てきました。
映画館向かう前に、オフィスで何回か予告編観ながら「コワい!コワい!」とはしゃいでしまったので、ある程度耐性ができていたけれど、それでもちゃんとコワいシーンがいくつもあって、映画館で観るのがおすすめです。これはたぶんテレビでも観てもコワくないだろーなぁ、と思ったし。
映画としても、劇中でTV番組の“ヤラセ”の構造を明かすことで、モキュメンタリー映画としての自己批評や観客の意識の拡散を狙っていたり(ってこれはただの深読みです)、定点カメラや床に落としたカメラの映像を多めに使って、画面ブレの気持ち悪さを極力抑えるという、定石通りの工夫もソツなくこなしていて、ちゃんと映画を撮ろうとしている感じが潔くて、映画の日に観に行くにはぴったりです(←結局、ちょっと安いならいいよ、という褒めてるのかなんだかわからない)。
監督・脚本・編集、ザ・ヴィシャス・ブラザーズとエンドロールで出ていたので、兄弟なのかな?ザ・ヴィシャス・ブラザーズという芸名のような名前の兄弟監督(たぶん)のデビュー作。
エンドロールといえば、けっこう普通にすべてのキャスト、エキストラに至るまで役者名がしっかり出ていたのにも潔さを感じました。モキュメンタリーとしては、それがいいことかどうかはよくわからないんですが、「はい、今観たドキュメンタリー映画はうそ!全部ウソですよー」っていう清々しさ。



新しい才能のデビューは、それだけで楽しいですね。



ところで、TOHOシネマズで今かかってる予告編でものすごく面白そうなのがあったんですが、、、忘れちゃいました。なんかSF大戦系だったような気が。。。
あと、『ネイビーシールズ』!楽しみ。



『Horror Epics』 / The Exploited
[PR]
# by clyde_8 | 2012-06-02 21:19 | 映画/お芝居
美しさ、の日々。
d0025304_22452475.jpg
d0025304_22451092.jpg

またまた会心作。

チームのスタッフはみんな“ド”のつく根性の持ち主で、どれぐらい気合い入っているかというと、それはもう、そこそこ我慢強い頑張り屋(←自分で言うな)の僕の口癖が「もう帰ろうよー」になってしまっているぐらいで、ホントにもう頼もしい限りです。

そんな精鋭のなかでも一二を争うスタッフの、ある意味で師匠越えを果たした作品と、彼女自身の本領を発揮しまくった作品。

彼女の、食らいつく力強さと真っ当なライバル心と胸うつひたむきさや、夜ごと杖振る小さな魔法使いの姿に、感動する毎日。

本当に、本当に、この仕事に就いて良かったと思う瞬間、というか美しい毎日。



『美しさ』 / 小沢健二
[PR]
# by clyde_8 | 2012-05-29 22:45 | お仕事
Magic Bus
d0025304_22315534.jpg

社内で表彰していただいた会心作。
今はチームのスタッフとして頑張ってくれている盟友の初仕事でもあります。

イギリス好きの自分にクライアントまでつきあってくれて、ダブルデッカーをイメージしたカラーリング(公私混同すれすれ。そして、二階建てじゃないし)。
箱の中にはうまい棒、キャベツ太郎という駄菓子のツートップと、オリジナルで作ったラムくんの顔がプリントされたクッキーとラムネのツーシャドウ、もしくはダブル司令塔。けっこう豪華。

魔法使い4人でいろんなものを創りだす。やっぱりこの仕事に就いて良かったと思う瞬間、というか毎日。



『Magic Bus』 / The Who
[PR]
# by clyde_8 | 2012-05-29 22:33 | お仕事
Envelopes
d0025304_2294988.jpg

最近の会心作。

スタッフと切磋琢磨して作り上げる楽しさ。この仕事に就いて良かったと思う瞬間、というか毎日。



『Envelopes』 / Frank Zappa
[PR]
# by clyde_8 | 2012-05-29 22:15 | お仕事
Beatles And Stones
d0025304_23593270.jpg

二年ぶりに浦和とリーグ戦。
少し前に撮影帰りに会いに行ったきりのma34さんと再会。
「結婚はまだか?結婚しろ。相手ぐらい自分で探せ」と無責任な親戚のおじちゃんのよう。



試合はまあ、、、互角だったのかな??
ポストに助けられたような気もするし、運がなかったような気もするし。

面白い試合だったことは間違いないけれど、、、やっぱり勝ちたかったな、4-2ぐらいで。



8月には首位決戦しましょう、田舎で。



『Beatles And Stones』 / Beady Eye
[PR]
# by clyde_8 | 2012-05-29 00:07 | FC東京/サッカー/フットサル
ある光、冬の終わりに。
d0025304_23202364.jpg

お仕事のこと、
と見せかけて。

RH、マリエッタ、new(←今年スカウトした新メンバー。知ってる人は知ってる、僕の大学の同期です)と4人チームとなって数ヶ月。キャパも可能性も増えたんだけれど、そのぶんプレゼン続き、ミーティング続き、抱える案件数も増え続ける一方の多忙極める日々。
それでも、音楽や映画は自分のまわりに絶え間なく流れていて、常に刺激と勇気をくっきりと突き刺してくるし、いつも持ち歩いている物語は、いつだってどこかに連れて行ってくれて、創造性のかけらやかたまりや雨霰で僕をうちつける。
だから、何かの真っ只中や重要なことの直前でも、多少無理してでも、誰かに行方を探されてても、僕らは輝くそれらを掴みに街に出かける。

そうすることで僕らは、“我らの時代”を生きている。



というわけで、まだ寒さの残る夕暮れ、仕事で行くことの多い東京オペラシティへ、小沢健二『東京の街が奏でる』を感じに。



幸せな時間は確実にそこにあって、音と光と言葉を浴びた自分とマリエッタは、少し遅めの夕食の後、オフィスに戻って、ものを作り出す。デザインという魔法で物語を紡ぎ出す。



2012年、3月30日、桜の咲き始める少し前の夜。



これだけは残しておかないとと、久しぶりの静かな更新(詳しい話はまたいつか、かも)。



『ある光』 / 小沢健二
[PR]
# by clyde_8 | 2012-05-28 23:20 | 音楽
Velociraptor!
d0025304_19231922.jpg

今年のライブ、二本目にして大当たりの幸先良すぎるスタート、カサビアン。
スタッフを半ば無理矢理誘い(カサビアンなぞ知らぬ人間、どころか普段ロック、いや音楽すら聴かない女デザイナーに、何のライブかろくすっぽ説明せずに)、うきうきで行ってきました。

僕とライブ行ったことのある人間なら、いつものことだと思うかもしれませんが、そのいつも以上に汗だくぐしゃぐしゃになって踊り狂いました。連れもノリノリ、楽しかった模様。

ライブ開始までローディーたちがダラダラとうろうろしててかなり時間がかかったので、これやばいかもなと不安になりましたが、全くの杞憂で、メンバー全員超笑顔でサービスたっぷりでばっちりショウアップされた素晴らしいロックライブでした。セットリストも客層も最高だった。

『L.S.F』でいろいろ全部ぶっ飛んで、やっぱり自分はロック大好きだと、「Get on and watch out!!!!!」と叫びまくってやりました。



こういう日のライブハウスの、あのひと時ってなんなんでしょうね。
最高のライブって本当に魔法の時間で、そんな時間を創り出す魔法使いたちを僕は大好きで、それだけあれば、それさえあればって、本気で思ってしまう。
最高。



そーいえば、前日に行っていた友人情報で前座がツラいと聞いていたのですが、この日の前座は[Champagne]というコたち。
全く知らん。
が、途中、いきなりの『Club Foot』のカバー。
完全アウェイのそろそろ終われよコラ、な空気が充満してる中でのこの挑戦。ガッツあるな。僕は一気に惚れました。サージもステージに現れて拍手送ってました。



『Velociraptor!』 / Kasabian
[PR]
# by clyde_8 | 2012-01-19 19:48 | 音楽
BOX
d0025304_1961578.jpg

パッケージデザイン、なのかな?まあ、たぶんそうなんだろうな。

去年の暮れに完成して、今年の1月、今月限定で配布が始まったボックスセットのデザインを担当しました。
チームスタッフ一同、デザインサンプルやアイデア集めに歩き回り、慣れない展開図から試行錯誤して、グラフィックもああでもないこうでもないと練り上げて、ようやく辿り着いた満足のいく出来上がり。

中に入っているカタログも素敵です(これは別の人間が制作しています。今自分が一番尊敬しているCDが担当)。

全国の住宅展示場や特設サイトでもらえます。



『BOX』 / Asian Dub Foundation
[PR]
# by clyde_8 | 2012-01-19 19:07 | お仕事